トピックス

イイダコのメスは「いい持ち」、しかしオスは「すぼけ」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とても可愛らしい小さなタコ、決して子供ではないです。列記とした大人、イイダコです。

佐賀県より入荷したイイダコの胴にはたくさんの卵?まだ卵巣が発達し切っていないようです。

よくサカナで卵を持ったものを「子持ち」と呼びますが、イイダコの場合は「いい持ち」と呼ぶそうです。

イイダコは女尊男卑の世界で、メスは「いい持ち」として大切にされますが、オスは「すぼけ=まぬけ」と呼ばれて数段低い待遇に甘んじているそうです。

しかし交尾の際はオスメスで合計16本の腕をからみつかせ、2~3時間もくっついて離れないそうで、オスも頑張っています。

イイダコの卵は米粒状で直径6mm前後と大きいため、産卵数は数粒~400粒。小型卵で十数万粒を産むマダコとは対照的です。

子育ては母ダコの役目です。母ダコは孵化する約1ヶ月近くの間、卵に海水を吹きかけ続けて大切に守るそうです。

仮に母ダコが不幸にも釣り上げられてしまうと・・・・・・、卵はすぐに死んでしまうそうです。

こんな話を聞いてしまうと、イイダコを食べにくくなりますね。

でも天の恵み、折角だから美味しく頂きましょう。

イイダコは茹でる前に墨を取り除き、塩で滑りを取ったら胴ではなく、腕の方から熱湯に入れて下さい。

そうすると腕が四方に広がって、形よく茹で上がりますよ。試してみて下さい。

 

追伸

イイダコには、お金が貯まりそうな紋章があるの知ってますか?

たまたま撮った画像にクッキリ写り込んでいました、「金輪」。

胴部と腕の付け根辺りに、金色した輪っかあります。これはイイダコのトレードマークだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー