トピックス

イカなの?タコなの?ボウズイカ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イイダコだと思って見に行ったらイカでした。

発泡ケースにはボウズイカ、仲卸八虎の方からはミミダコだよと教えてもらいました。

セリ場からデスクに戻り早速詳しく調べたら意外と面白いイカで、特徴のある外見はとても愛嬌があり隠れファンがいるそうです。

しかし残念ながら、ボウズイカのチャームポイントを映像に残せませんでした。

ですので、You Tubeに掲載されているものを添付しておきます。

ボウズイカは、ダンゴイカ目ダンゴイカ科に属し、丸っこい胴のせいでイカらしさが薄まり、タコの頭にも見えるため「ぴんだこ」「びんだこ」と呼ばれたり、エンペラの部分が耳みたいにみえるので「ミミイカ」、そしてかなり飛躍しますが[ミッキーマウス」とも呼ばれ親しまれています。

生で食べた印象がいくつか掲載されていましたが、イカよりもタコに近い味わいと称されています。

身の薄さはムギイカやマルイカぐらいですが、その割に肉質が強靭で歯応えがあるそうです。

少々水っぽさがあるものの、甘みは強く美味しいそうです。

img_3599 img_3594 img_3600

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週、生筋子を紹介しましたが、親もセリ場で発見しました。
  2. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  3. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  4. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  5. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。

アーカイブ

市場カレンダー