トピックス

イシダイは人懐っこい人気者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近平塚市漁協の追っ駆けが来ないため、すっかりその姿を見なくなったイシダイが入荷しています。

今日は横須賀の長井水産㈱より出荷されています。

12月頃までは、活けモノ、水氷等など様々なかたちで入荷がありましたが、近海からの入荷は久しぶりです。

良い歯並び、そして大人の証「クチクロ(口黒)」。しかし縞模様がボケていないので、バリバリ働き盛りのお年頃かな。

イシダイは釣り人の憧れの存在で、釣れる数量も少なく、かかる引きの醍醐味は磯釣りの代表選手クロダイ(チヌ)やメジナとは別格として扱われています。

人懐こく好奇心旺盛な性格は、水族館のお魚ショーなどでも利用されている人気者です。

不確かな記憶と、加えてかなり年月が経過してしまい、今現在活躍しているか分かりません。(いなかったらごめんなさい。)

かつて、三浦市にある京急油壺マリンパークに、ショーを演じるイシダイがいたかと思います。(餌に吊られて動いていたのが、脳裏に焼き付いています。)

食材としてのイシダイは絶品と評する人は多く、生でも、焼いても、煮ても美味しいサカナです。

ただ気になるのは磯臭さ。人によって差異はあるようですが、どのイシダイのサイトを見ても話題に乗っています。

筆者も口にしたことがありますが、あまり気になりませんでした。舌が鈍感なのかな?

上記画像は、平塚市漁協川長三晃丸より昨年12月に入荷された活けのイシダイです。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週、生筋子を紹介しましたが、親もセリ場で発見しました。
  2. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  3. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  4. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  5. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。

アーカイブ

市場カレンダー