トピックス

イシモチ、お洒落にムニエルでいかがですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今が旬です。小柴、富岡、平塚からも入荷がある魚、イシモチです。関東ではイシモチ(石持)と呼ばれていますが、標準和名はシログチです。

1年間ブログを更新してきてイシモチが原材料の蒲鉾や、イシモチの焼き魚やソテー、ムニエルで食べました。

個人的にはムニエルがお勧めで、基本白身で淡白な味わいなのでしっかり塩、胡椒で下味をつけます。

クレイジーソルトやコストコなどに売っているマコーミックのガーリックシーズニングを利用しても良いと思います。

30分ぐらい味を馴染ませて小麦粉を混ぜるんですが、今回筆者は日清クッキングフラワーと言う小容量タイプの小麦粉を使いました。

ふりかけの小麦粉版で、そのまま魚に塗すことが出来て、便利で省スペースで最高です。

フライパンにはオシャレにオリーブ油とバター。皮目は強火でパリッと焼いて下さい。それから中火→弱火で身に火を入れる感じです。

次はソース作り。

焼いたイシモチは一度フライパンから取り出し、汚れだけをキッチンペーパーで拭き取り、少々バターを追加、白ワインか酒とレモン汁を適量加えて熱し、フライパンを揺すりながらソースを乳化させたら出来上がり。赤ワインが残っていたので白ワインの代用で使ったら、味は悪くなかったのですが、色素が分離して見た目が悪くなったので、透明の酒を使って下さい。

出来上がりは子供にはパリパリの皮が人気でしたが、1つ気を付ける点がありました。それは腹骨の処理です。

少し手を抜いて処理を疎かにしたら、「骨があって面倒くさい。」と大ブーイングでした。

ちょっとしたことで食べるのが嫌になってしまうんですね、反省。魚の骨問題に直面しました。

ホントに皮美味しいですよ、当然白身の身肉は上品な味わい。お手頃値段のイシモチ、是非食べて頂きたい魚です。

IMG_4039 IMG_4005  IMG_4043 IMG_4042IMG_4040

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー