トピックス

ウスメバルは、熟成させて美味しくなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟や青森から、このところコンスタントにウスメバルが入荷しています。

鎌倉の追っ駆けで入荷してくるメバルとは全く色が異なり、赤い色をしているので赤メバル、

沖合の深場にいることから沖メバルとも呼ばれています。

浅場の磯場ではなく沖合いに生息しているせいか、メバル・カサゴ類の中でも、ウスメバルは特に身が硬く寝かせる(熟成)

期間を持つことで美味しくなる魚です。

美味しく食べるには、どのくらいの日数が必要なんでしょうか。

ネットで調べたら、ウロコを取り頭を落とし、内臓を取り除いた状態でペーパータオルに包み、ラップもしくはビニール袋に入れて冷蔵庫のチルド室へ。

最低でも3日間、ちょうど良い食感と旨味がでるのは5日間ぐらいとされていました。

「家宝は寝て待て」、美味しく食べるには、絶妙なタイミングが必要な訳ですね。

しかし魚のコンディションによっては、一律に判断すると品質低下(腐敗など)につながりますので注意してください。

生食する場合は、スーパーやデパートで買い求めの際、店員に生食が可能か確認することも必要です。

IMG_7700 IMG_7725 IMG_7728 IMG_7745

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日は昨日と一転して雨、そして真冬と思うくらい寒い。
  2. 100キロオバーの『大間のマグロ』が入荷!延縄漁で漁獲された「本マグロ」立派な釣針が...
  3. 昨日は市場が休み、休市日と市場関係者は呼んでいます。
  4. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  5. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...

アーカイブ

市場カレンダー