トピックス

ウマズラハギ、接触事故発生中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年を通じて入荷があり、不味い時期がないユニークな顔のサカナを見つけました、ウマズラハギです。

ウマズラハギを見つけると、どうしても発泡ケースをチェックしてしまうんです。

すると必ず、接触事故現場に遭遇です。

事故現場には接触した際の発泡スチロールの破片や、カラダの一部を欠損して痛々しいウマズラハギがいます(笑)。

冗談は、これぐらいにしておきましょう。

ウマズラハギの角みたいなモノは、そもそも何なんでしょうか?少し調べてみました。

正体は背鰭が変化したもので、「角」と言うよりは「棘」だそうです。

さてこの棘は何に使うのか?

①威嚇・アピール用・・・鶏の鶏冠のように喧嘩の際に棘を立てて、自分を大きく見せて威嚇するそうです。

②防御用・・・・・・・・敵に追われた際に、岩の隙間に逃げ込み棘を立てつっかえ棒役にし、引きずり出せなくするそうです。

旬は子持ちの時期である夏と言いますが、筆者的には肝が大きく膨れ上がる晩秋・冬が美味しい時期だと思います。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー