トピックス

ウマズラハギ、接触事故発生中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年を通じて入荷があり、不味い時期がないユニークな顔のサカナを見つけました、ウマズラハギです。

ウマズラハギを見つけると、どうしても発泡ケースをチェックしてしまうんです。

すると必ず、接触事故現場に遭遇です。

事故現場には接触した際の発泡スチロールの破片や、カラダの一部を欠損して痛々しいウマズラハギがいます(笑)。

冗談は、これぐらいにしておきましょう。

ウマズラハギの角みたいなモノは、そもそも何なんでしょうか?少し調べてみました。

正体は背鰭が変化したもので、「角」と言うよりは「棘」だそうです。

さてこの棘は何に使うのか?

①威嚇・アピール用・・・鶏の鶏冠のように喧嘩の際に棘を立てて、自分を大きく見せて威嚇するそうです。

②防御用・・・・・・・・敵に追われた際に、岩の隙間に逃げ込み棘を立てつっかえ棒役にし、引きずり出せなくするそうです。

旬は子持ちの時期である夏と言いますが、筆者的には肝が大きく膨れ上がる晩秋・冬が美味しい時期だと思います。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー