トピックス

ウリボウを美味しく食べたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何もこんな小さい魚を獲らなくてもと、言われそうな可愛いイサキの幼魚「ウリボウ」の話をします。

筆者の住む地元辻堂のスーパーマーケット内のある魚卓にも、よく店先に並べられています。

成魚のイサキは何度か口にしたことがありますが、ウリボウサイズのイサキは食べたことありません。

一体どうやって食べるのか、美味しいのか調べてみました。

一般的にイサキは、大きい方が美味しいのですが、小さくてもそれなりに味が良いと言われています。

ウリボウは兎に角サイズが小さいため、寿司種にしても取れるのは片身で一貫分。

一尾で二貫しか取れず、手間ばかりかかって高い値がつけられない、歩留まりの悪い魚になってしまうそうです。

しかし味は確かな魚なので、手間ですが丁寧に下処理をして、刺身や炙りタタキ、なめろう、カルパッチョなんてどうですか。

鯵のジンタのように、丸ごと使ったフライや唐揚げなんて美味しそうですよ。

今度、挑戦したいと思います。

IMG_7821 IMG_7825 IMG_7828

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー