トピックス

ウロコも旨い、アマダイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小坪からキレイなアマダイが入荷しました。少し小ぶりですが、水揚げして時間がそれほど経過していないので、赤、ピンク色がとても鮮やかです。

ところで皆さん魚のウロコはどうしてますか?当然ウロコ取りで剥がすのが当たり前ですよね。

実はウロコも一緒に料理したり、ウロコだけ別にして料理して食べる魚もあることを当社の橋本専務に教えてもらいました。代表的な魚はアマダイ。

京都では魚の大小はあるものの、そのまま塩焼きにし、パリパリした食感を楽しむそうです。懐石料理では、松笠焼や若挟焼きと言うウロコを取らずに焼く料理がありますが、これを造るには相当の腕が必要らしく素人には難しくなかなか造る事が出来ないみたいです。

イタリア料理ではウロコごとオリーブオイルで焼いて食べる「甘鯛のウロコ焼き」。ウロコは古くなると臭味が出る為新鮮なものを。

そしてアマダイも体長30~40センチぐらいがウロコも硬くなく、美味しく仕上がるそうです。その他鯛や鯉のウロコを素揚げして食べるのも広く認識されているようです。

因みに魚のウロコの成分は、コラーゲンとカルシウム(骨や歯の成分と同じハイドロキシアパタイト)と言われていましたが、一部のウロコはコラーゲンとキチン質の複合体から出来ていると言う発表がなされています。

IMG_6937 IMG_6939

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー