トピックス

カジキマグロと言う魚はいないって知ってました?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横須賀佐島から、カジキが入荷しました。

先週はキハダマグロが入荷しましたが、台風の影響で黒潮の潮流に変化があるのか、少し沿岸近くを通っている様な気がします。

今日は、佐藤専任課長お勧めのカジキを紹介します。

カジキマグロは俗称で、マグロはサバ科、カジキはマカジキ科とメカジキ科に属し、マグロとは別の種類だそうです。

なぜカジキマグロと呼ばれるようになったのか?

それは高度回遊性の大型魚であること、生息域が広く、肉質が良いなど、マグロと類似点が数多くあるためと言われています。

名前の由来は、鋭く伸びた上顎で、舵木(船の舵をとる堅い木枝)を突き通すことから、”カジキドオシ”と呼ばれ、それが縮まったのが現在のカジキであると言われています。

カジキは表層を泳ぐこと、大型魚で引きが強く、空中をジャンプすることなどから、スポーツフィッシングの王者として名高く、誰もが一度は、芸能人の〇方〇樹さんが、ナイスファイトを繰り広げている姿を見た経験があるのではないかと思います。

美味しい食べ方は、刺身、ムニエル、焼き、フライ等。

様々な調理方法に対応できる素材です。

 

IMG_0630 IMG_0631IMG_0632IMG_0608

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー