トピックス

カマスは塩焼きだけなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ブログにカマスを載せてから、改めて良さを再認識させられました。

セリ場を見渡すと、横須賀走水大津港、高知室戸岬椎名港、三重熊野灘など全国から良い形のアカカマス(本カマス)が入荷しています。

カマスと言ったら塩焼きが定番中の定番なんですが、鮮度が良ければ刺身もお勧めです。

当市場仲卸で横浜丸栄水産㈱の細谷専務は、サカナの事、サカナの美味しい食べ方、そして美味しいモノを提供してくれるお店を沢山知っているんです。

細谷専務曰く、カマスは皮目に旨味があるので、焼き霜作り(炙り)で刺身を推奨されていました。

誰でも出来る良いカマスの目利きポイントですが、よく目を見て、澄んで透明なモノを選びましょう。

そして胴回りに丸みがあり、体表に張りと艶があるものです。

加えてウロコですが、出来るだけちゃんと残っているものを選んで下さい。キレイな魚体のサカナは、ストレスを受けてなく美味しんですよ。

もし安く大量にカマスを入手出来たら、自家製の干物に挑戦してはどうですか?

カマスは背開きに捌くんですが、そんなに難易度は高くないです。

その後は食塩水に浸けて、家の中で乾燥させれば出来上がり。

干物にするとカマスの甘味が引き出されて、同じ焼きでも違った味わい方を楽しめますよ。

「秋カマスは嫁に食わすな」なんてケチなこと言わずに、家族団らん、仲よく食卓を囲み、サカナを沢山食べましょう。

img_9681 img_9682 img_9699 img_9678

関連記事

ピックアップ記事

  1. 雪がチラチラ。今日の横浜中央卸売市場。冷凍セリ場に目新しい商材が入荷。
  2. 徐々に入荷量が多くなってきましたよ、クリオネ。
  3. 富山県よりとてもユニークな顔をしたサカナが入荷してきました、ウマズラハギです。
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー