トピックス

カラダを温めるにはプルン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数日寒さが厳しくなったと思いませんか?

今朝、横浜の気温は6時の時点で10.9℃と11℃切れまで到達しました。

市場のセリ場は、寒さが厳しくなるにつれて、どんどん天然の冷蔵庫化が進んでいきます。

因みに冷蔵庫の冷蔵室はJIS規格で、「室温が15~30℃において、冷蔵庫内を0~10℃の範囲で調整ができること」と定められています。

真冬のセリ場は冷蔵庫どころか、パーシャル室(約-1℃~約-2℃)になることもしばしばです。

そんな寒さの中でも、当社水商売なので、冬でも作業着がビショビショに濡れて作業を行うこともあるんです。

そして真冬でも半袖の作業着の社員も!(かぜに負けない小学生みたいですけど(苦笑))

そんな冷えたカラダを温めてくれるのが、プルンとした食感の食材です。

アンコウ、フグ、クエそしてキンキ(キチジ)、このところ確実に入荷量が増えています。

と言っても、クエやキンキを毎日食べている訳ではないですよ。

やはり上記のサカナ達は特別扱いを受けるカテゴリーです、皆自分の懐と各家にいる大蔵大臣に相談しないと・・・・・・・・。

しかし、今冬に4種食べ尽くし、産地違えて食べ比べなんて出来たらいいな!!

img_0925 img_0926 img_0923   img_7735 img_7742img_1937img_7996

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  2. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  3. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  4. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。
  5. 特種課のセリ場で「海の宝石」を見つけました。北海道産の生筋子、一年ぶりの再会です。

アーカイブ

市場カレンダー