トピックス

カレイ科御三家、マガレイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春になって気持ち入荷してくるカレイの種類が変わったように感じます。カレイといえばほとんどが秋から冬が旬、マコガレイだけが夏に美味しいカレイです。

カレイ科の御三家知っていますか?マガレイ、マコガレイ、イシガレイです。

今日は鮮魚課、特種課のセリ場で見つけたマガレイを紹介します。一番普通なカレイで、筆者が子供の頃から食べていたモノです。

専らフライにして食べるのが好きで、タルタルソースをたっぷりかけて・・・・。いや、魚の味を楽しむというより、マヨネーズを食べていたのかもしれません。

マガレイには沢山呼び名があり、アカガレイ、クチボソ、マコ、何とヒラメやマコガレイと呼ぶ地方もあるそうです。

マガレイとマコガレイはとても似ていて、筆者をはじめとする素人には識別が難しい外見です。今度、確認しようと思いますが識別点は、眼と眼の間に鱗がないのがマガレイ、あるのがマコガレイだそうです。普通あまり意識しないですよね。

並べて対比しないと分からないですが、マガレイの方が口が尖って見えるそうです。

マガレイを食べて感じる印象は、マコガレイやナメタガレイに比べて厚みがないかもしれません。

透明感がある白身の肉質は、さすがカレイ御三家の一員です。主に底曳き網で獲るため生で食べることはほとんどなく、焼くか煮付け、ソテー、揚げなどで美味しく食べれます。

お値段もお手頃価格で、栄養価が高いマガレイ、いただきます。

IMG_2649 IMG_2670 IMG_2663 IMG_2666 IMG_2648 IMG_2665

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー