トピックス

カワハギの肝の秘密。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は肝つながりでカワハギを紹介します。

天然物鮮魚(2号物品)の12月分セリ品目にも指定されているため、神奈川県横須賀、宮崎県日向のカワハギがセリにかけられています。

体の構造がフグやハリセンボン、マンボウ等と同じなので、フグ目に属しているそうです。鮮度維持のため、活け締めの状態で入荷してきていますが、眉間の包丁キズが痛々しいです。

海のフォアグラと言ったらアンコウとカワハギの肝、肝臓が代名詞として称され皆に愛されています。

カワハギの肝が肥える理由が明らかになっています。

①カワハギは運動量が少ないため、脂を身に貯めこむ必要がなく、その分栄養を脂肪に変えて肝臓に蓄えているんです。

②カワハギの体質によるもので、カワハギはフグ同様に白身に血合いの部分がなく、血合いの代替機能として肝が非常に大きく発達するそうです。

カワハギは何と肝の大きさで評価が決まるそうで、養殖物の方が肝が大きくなるため、高値で取引されるそうです。

カワハギの肝を醤油で溶いた肝ダレで頂く刺身は絶品です。

img_3116 img_3117 img_3118 img_3114 img_3122

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー