トピックス

キスの「鱚」は国字、国字って言葉知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特種課セリ場に、横浜市漁協本牧支所よりキスが入荷しています。

いつもなら、ありきたりの光景として流してしまうのですが、魚体を見てビックリ!

大中サイズなのに、立派に成長しています。

キスは本来、キスとは呼ばれておらず、「キスゴ」と言うのが本来の呼び名・表記だったのです。(関西以西の地方名です。)

しかし、キスとは生直(きす=性格が素直で飾り気のないこと。)から、魚名語尾の「ゴ」が省略された名称「キス」の名で、広く認知されるようになりました。

キスは漢字で書くと「鱚」となるが、これは漢字に似せて日本で創った国字だそうです。

偉そうに言ってますが、「国字」なんて言葉初めて知りました。

国字とは日本人が創った漢字で、畑、峠など。同じ魚類だと鰯や鮭、鮃などもメイドインジャパンの漢字だそうです。

俳句の世界では、キスは三夏(さんか)を代表する季語で、陰暦で4・5・6月の3ヶ月、初夏・仲夏・晩夏に当たる季節です。

正にキスは、夏魚の王道を行く只今旬真っ只中の魚なんです。

日本の沿岸に生息するキスには、今回画像に残せたシロギスと、後ろの背鰭に黒い斑点があるアオギスの2種類がいます。

一般的に見かけるのはシロギスで、味もシロギスの方が美味しいと聞いています。

実際に食べ比べしたことがないので、味の違いはわかりません。

今度機会があったら自分で捌いてみて、天麩羅で食べて見たいな。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー