トピックス

キレイなキク?これは真鱈の白子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真キク?!水産物の市場に花?聞きなれない言葉ですが、実物を見れば納得。鱈の白子です。

今週に入って、どでかいマダラが続々入荷しています。そして鱈の副産物白子も。

鱈の白子を岩手県・宮城県では、菊の花のように見えることから、「たらきく」と呼ぶそうです。

よく見てみると、白子に無数の赤い筋が菊に花のように入っていますが、これが鮮度の良い証拠だそうです。

じつは「たらきく」の語源はここからきており、白子の形からこのように呼ばれた訳ではないそうです。

これからが鱈の本格シーズン、新鮮な鱈の白子を生で味わいたいですよね。

口の中でトロトロに溶けていく食感と臭味の全くない濃厚さが特徴です。

折角新鮮な白子を入手出来たら、少しでも美味しく楽しみたいですよね。

調べてみたら、ネットに下処理の方法が沢山載っていました。

この冬、是非挑戦してみて下さい。

img_9292 img_9291img_9290

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー