トピックス

キレイなキク?これは真鱈の白子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真キク?!水産物の市場に花?聞きなれない言葉ですが、実物を見れば納得。鱈の白子です。

今週に入って、どでかいマダラが続々入荷しています。そして鱈の副産物白子も。

鱈の白子を岩手県・宮城県では、菊の花のように見えることから、「たらきく」と呼ぶそうです。

よく見てみると、白子に無数の赤い筋が菊に花のように入っていますが、これが鮮度の良い証拠だそうです。

じつは「たらきく」の語源はここからきており、白子の形からこのように呼ばれた訳ではないそうです。

これからが鱈の本格シーズン、新鮮な鱈の白子を生で味わいたいですよね。

口の中でトロトロに溶けていく食感と臭味の全くない濃厚さが特徴です。

折角新鮮な白子を入手出来たら、少しでも美味しく楽しみたいですよね。

調べてみたら、ネットに下処理の方法が沢山載っていました。

この冬、是非挑戦してみて下さい。

img_9292 img_9291img_9290

関連記事

ピックアップ記事

  1. でっかいマダラ、今日はなぜかメスばかり入荷されています。
  2. 兵庫県淡路島、愛媛県宇和島、そして長崎県よりお馴染みのサカナが入荷してます、マアジです。
  3. フグ太郎:「お名前教えてくれるかな?」謎の魚:「・・・」フグ太郎:「どこから来たの?...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー