トピックス

キンキの美味さは横綱級。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと今朝は寒いですね。

一雨毎に寒さが厳しくなると天気予報で言ってましたが、正にその通りの展開です。

すっかり冬っぽい魚に移り変わっています。

この時期の魚はどうしても青だったり灰色だったりと暗いイメージになりがちです。

しかし、セリ場に怪しく輝くオレンジ色の光が・・・・・。

その光に引き寄せられるように近づいていくと、居ました「キンキ=吉次」です。

こんなにも同じ魚で色艶に違いがあるモノはないと思っています。

てっぺん・最高級品なのが、北海道羅臼の釣りキンキ。

容姿、色艶イイですね。そして一匹ごとに漁船の名前が記されたタグが付けられています。

駿河湾以北の太平洋側、オホーツク海、ベーリング海などに生息するキンキ。

当市場には、北海道や青森、岩手、宮城から出荷されてきますが、値段は北海道優位が常識になっています。

 

どうやら鮮度が良ければ刺身が最高に美味いらしいのですが、歩留まりが悪くなるので一般庶民には手が出せない食べ方です。

王道、定番なのが煮付けですね。

さすがに骨は食べ尽くすことができないですが、魚を100%楽しめるのでおススメです。

西のノドグロ、東のキンキと称されるほどの魚の横綱。

是非、この美味しさをご堪能下さい。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー