トピックス

キンメダイ、量を食べるには刺身よりしゃぶしゃぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者の家だけなのか、どうも生の刺し身は一生懸命捌いても食べてもらえないんです。

そのかわりしゃぶしゃぶ風にすると受けが良く、野菜も含め様々な食材を食べることになるのでお勧めします。

寒ぶりのしゃぶしゃぶイイですね!しかし予算オーバー。決して安くはないですが、捌くのに簡単なキンメダイで挑戦します。

キンメダイは魚体サイズも色々選べ、産地を拘らなければそこそこの値段で入手できます。

キンメダイはウロコが凄いんで、ビニール袋のなかでウロコ取りを使いながらバリバリ取り除いて下さい。

しゃぶしゃぶ用にサカナを準備するためには、三枚おろし。頭の部分は捨てずに、煮付けにして下さい。

しゃぶしゃぶの出汁は、水、日本酒、白だし、昆布、醤油そして三枚におろしたキンメダイの骨やアラで作ります。

キンメダイは刺身ほど厚くせず、薄すぎても食感を失うので、ほどほどの厚みを残して切って行きます。

メインはサカナですが、いつも安価に求められるエノキダケやコンニャク類、長ネギなどを入れて鍋風に楽しんで下さい。

そして最後の〆は「おじや」なんてどうですか?!

追伸

同時に、お頭の煮付けも作りましたよ。

意外と食べれる場所あるんですよ、素材は余すことなく使えます。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週は、どんな珍客が市場にやってきたのでしょうか?まず1番手は、板マスです。
  2. 先日、仲卸㈱ムラマツの店先であるサカナの色に驚かされました。
  3. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  4. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  5. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。

アーカイブ

市場カレンダー