トピックス

クビレズタ、何だか知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クビレズタ?すぐに何だか分かったらかなりの通だと思います。実は、海ブドウの標準和名がクビレズタなんです。

沖縄の南西諸島の亜熱帯地方の比較的浅い砂底地に生えていて、その姿がブドウに似ている事から海ブドウと名付けられました。またグリーンキャビアとも呼ばれています。

海ブドウは、海底に匍匐茎(ランナー)を伸ばし、その茎から海面に向かって垂直に茎が生える。この直立する茎が食用になる部位です。

沖縄では古くから食用されてきましたが、物流網の発達により全国で食べられるようになり、天然物は乱獲などのため激減し、市場に流通しているモノはほとんど養殖されています。

沖縄の食材なので夏の雰囲気、旬と思いがちですが、房から充実した美味しい海ブドウが食べられるのは春と秋。

海ブドウの適温は15℃から28℃位までで、夏場は、流通段階でも気温が高い状態にあるため、良い状態で鮮度を保つことは難しく、逆に冬は、気温が低すぎて海ブドウがしぼんでしまいます。

よく見てみると海ブドウが入った容器には、必ず保存方法の注意が記入されています。

生で食べれて、様々な料理のシーンでアクセントになるトッピング食材、今が旬真中ですよ。

IMG_3757 IMG_3781 IMG_3779 IMG_3778

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 特種相対品課佐々木社員のセリ場でイイ香り。おおっ、スケトウダラの丸干し。
  2. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  3. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  4. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  5. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。

アーカイブ

市場カレンダー