トピックス

クビレズタ、何だか知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クビレズタ?すぐに何だか分かったらかなりの通だと思います。実は、海ブドウの標準和名がクビレズタなんです。

沖縄の南西諸島の亜熱帯地方の比較的浅い砂底地に生えていて、その姿がブドウに似ている事から海ブドウと名付けられました。またグリーンキャビアとも呼ばれています。

海ブドウは、海底に匍匐茎(ランナー)を伸ばし、その茎から海面に向かって垂直に茎が生える。この直立する茎が食用になる部位です。

沖縄では古くから食用されてきましたが、物流網の発達により全国で食べられるようになり、天然物は乱獲などのため激減し、市場に流通しているモノはほとんど養殖されています。

沖縄の食材なので夏の雰囲気、旬と思いがちですが、房から充実した美味しい海ブドウが食べられるのは春と秋。

海ブドウの適温は15℃から28℃位までで、夏場は、流通段階でも気温が高い状態にあるため、良い状態で鮮度を保つことは難しく、逆に冬は、気温が低すぎて海ブドウがしぼんでしまいます。

よく見てみると海ブドウが入った容器には、必ず保存方法の注意が記入されています。

生で食べれて、様々な料理のシーンでアクセントになるトッピング食材、今が旬真中ですよ。

IMG_3757 IMG_3781 IMG_3779 IMG_3778

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 良いイサキが、全国各地から入荷してますよ。
  2. 威勢よくパクついているアカカマス(本カマス)を、出荷されたケースのなかで発見しました。
  3. しらすの水揚げ日本一の島『篠島』産のしらす干が入荷!愛知県の篠島は豊かな漁場と、厳しい管理で...
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー