トピックス

クロムツ、いい色目のモノ入ってますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重、和歌山、長崎といい色目のクロムツが入荷しています。

晩秋から冬が美味しい旬と言われていますが、通年水揚げがあり夏場でも十分に脂の乗った「むつっこい」を堪能出来ると思います。

今の時期だと千葉県勝山沖(内房)や房総半島東岸(外房)にクロムツ狙いの釣舟が仕立てられています。

クロムツは、それなりに漁獲が増えた頃には魚屋の店先にも顔をみせる魚です。

脂っぽい、むつっこいなどと形容されていますが、筆者個人の意見かもしれませんが、身がシッカリした白身魚とイメージです。

特に生食、刺身で食べると程よい脂ののりが味わいとして感じられます。

生食よりも、熱を入れた煮付けや幽庵焼きなどが、脂ののりと旨味を感じ取れるかもしれません。

暑い夏を過ぎると、食欲の秋。今年はどうやら残暑が厳しそうです。

美味しいものを沢山食べて、猛暑を乗り切りたいですね。

神津島、大島、新島から、いい形のクロムツがセリ場に並ぶのもあとわずか、楽しみでしょうがないですね。

IMG_7890 IMG_7887 IMG_7888 IMG_7886

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー