トピックス

ケンケン鰹は美味しいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山県那智勝浦の(株)アーリーバーズ中筋水産よりケンケン鰹が入荷しています。

1入れで、3~3.3㌔ぐらいのサイズのカツオが揃っていました。

北海のセリ場には10㌔を超えるブリ級の重さのカツオがおり、関西担当の五十子社員に少し小さめ?と質問してみました。

すると魚(カツオ)を使う地域毎に好まれるサイズがあり、東京・神奈川では3~3.5㌔のサイズが人気があるとのこと。

ケンケン鰹は、黒潮に面する紀南地方沿岸で、春先に黒潮にのって北上するカツオを、「ケンケン漁」と言われる引き縄釣り漁により、1本ずつ釣り上げていきます。

釣上げた後、直ちに活け締め・氷温保存し、その日のうちに市場へ水揚げされるため鮮度は抜群です。

横浜丸栄水産㈱の細谷専務から、15,000円のカツオだから絶対に画像に残した方がイイよと茶化されました。

すかさず値段を確認すると、冗談抜きでキロ1樋口一葉だそうです。

しかし、高級食材を必要としているエンドユーザーを抱える仲買人は、迷わず仕入れ、購入していきます。

仕入れた仲買人に聞いてみると、前回買って自分で捌いて確認したのと、販売したお客さんの評判が良かったからだと話してくれました。

お金が腐るほどある人は、そうはいないですよね。

しかし、美味しいモノには金に糸目をつけない人もいます。

だから食材もTPOで選択しないと、普通の人は常にお金をかけて高級食材ばかりを食べる訳には行かないですね。

超高級品もイイですが、一般の魚屋さん・スーパーなどの量販店で売られているカツオだって皆美味しいですよ。

でも職業柄、値段の違いが味の違いとなるのか、食べ比べ実験してみたいですね。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー