トピックス

ゲの魚、ゲンゲ(幻魚)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで見たことのない魚をまた見つけました。その名もゲンゲ、漢字で幻魚と書きます。

実は寒い時期である今が旬。皆さんもお察しの通り、正真正銘の深海魚です。

ゲンゲ専門の漁はなく、底曳き網を引き上げる際に漁獲され、かつては網や魚を傷つける厄介者扱い。グロテスクな顔付きも災いして、漁師たちの間では「下の下(げのげ)」と呼ばれ、浜に打ち捨てられていたそうです。

しかし現在は、全身を覆うゼラチン質に豊富なコラーゲンが含まれている点が高く評価され、全国的に名を馳せることになりました。

富山県では、滅多に出逢うことのできない幻の魚=「幻魚」と富山湾に幻のように出没し、滅多に出会えない「蜃気楼」をゲンゲのお吸い物を食した際に、舌の上で幻のように溶けていく食感と重ね、ゲンゲの素晴らしさをアピールしています。

実際に食べた印象を仲卸Kさんに聞いたら、コラーゲンを目的に食べるので、と複雑な顔付きでした。

色々ゲンゲのレシピを探してみたら、唐揚げが一番人気でした。

こんなにぷよぷよで、どうやって油で揚げるんでしょうか。アイスクリームの天婦羅があるくらいだから、何かつなぎに粉でも使うんでしょうかね。

IMG_9040 IMG_9041 IMG_9044

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 特種相対品課佐々木社員のセリ場でイイ香り。おおっ、スケトウダラの丸干し。
  2. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  3. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  4. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  5. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。

アーカイブ

市場カレンダー