トピックス

コチは頬が美味しいんだって。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セリ場を見回すと平たい頭の魚がとても気になります。しかし魚屋の店頭で見かけることのない魚、コチ(鯒)です。

なぜ魚屋で見かけないのか、それは漁獲が少ないために殆んどが料理屋へ直行してしまうからだそうです。それほどコチは高級魚なんです。

横浜小柴では「照りゴチ」の異名を持ち、夏の風物詩として釣り人に愛されている魚です。

刺身や塩焼き、天ぷら、鍋などで食べられますが、透明感のある白身は上品な味わいで薄造りは「テッサ(ふぐ刺し)並み」とも「夏フグ」とも評されています。

特に美味とされるのが頬の部分で「コチの頭には姑が知らぬ身がある」、「コチの頬は嫁に食わせよ」などの諺があるんです。

棘だらけで食べることのないコチの頭を食べさせて、憎い嫁をいびる意味や、一番美味しいところを大切な嫁に食べさせてあげると言う解釈もあるんです。

実は、筆者が丸魚に勤務して初めて頂いたのがコチ。捌くのが難しかった記憶が鮮明に残っているんだけど、今思えば深い意味があったのかな?(笑)

IMG_6204 IMG_6224 IMG_6210

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー