トピックス

コメジ、ヨコワ、クロマグロの幼魚です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソウダガツオ!?と思ったら違いました、失礼致しました。

関東ではコメジ、関西はヨコワと呼ばれるクロマグロ(ホンマグロ)の幼魚で、三重県より入荷しています。

クロマグロは、成長と共に呼び名が変わる出世魚です。

(関東地方):コメジ⇒メジ⇒マグロ⇒オオマグロ

(関西地方):シンマエ⇒ヨコワ⇒コビン⇒マグロ

クロマグロの稚魚は、南日本に5~6月に出現し、8月頃には体長20㌢前後に成長し、日本海でも観察できるようになるそうです。

生後1年で60㌢・3㌔、2年で80㌢・10㌔、3年で110㌢・20㌔前後に、超スピードで成長して行きます。

因みに5年で150㌢・55㌔、10年で200㌢・180㌔を超えて成長し、水産総合研究センターによると、クロマグロの寿命は約20年であるとの調査結果が出ています。

ヨコワは、マグロ養殖において欠かすことが出来ない肝です。

タネが無ければ、花も咲かなければ実もつけません。ヨコワは養殖のタネ(種苗)なんです。

曳縄や一本釣り、旋網で採捕されたヨコワ(天然種苗)や、人工種苗のヨコワをもとに、1.5年から3年かけて、巨大マグロを育てるのです。

ヨコワは、カツオとは違って癖も少くなく、あっさりとして、もちもちした感触が特徴だそうです。

なかなかお目にかかるるチャンスの少ないレアなサカナです。

IMG_8683 IMG_8686 IMG_8720 IMG_8718

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー