トピックス

ゴッドハンドを持つセリ人は、『山』を作る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セリ場に『』が出現です。

 

img_5454

いや・・・『』か・・・

img_5452

これは、いったいどういうことなのでしょう・・・

 

ゴッドハンドを持つ、関口セリ人に伺いました。

この山は、活魚が入っていた、空のゲージ(輸送箱)との事。

img_5453

フグ太郎:何日分ですか?

関口セリ人:今朝活じめした分だけだよ・・・

 

ざっと計算しても、100籠以上有る・・・

 

活鯛や活シマアジは、お互いに傷つけ合わないように、ゲージに入れられ活きたまま入荷します。

img_5458 img_5444

そして、鮮度おいしさを保つため、活魚セリ場で魚の延髄を包丁で活じめしててから販売します。

 

100籠・・・と言う事は、今朝3時間位で2人で1000尾以上しめていると言う事か・・・

さすがゴッドハンドを持つ、活魚チーム。

 

活魚チームの右手を見せて頂きました。

img_5446img_5449

スゴイ。包丁タコです。

毎日新鮮な活魚を販売するため、自分たちの手で1尾ずつ活じめしているんですね。

 

年末年始は、そんなゴッドハンドを持つ職人達が丹精込め活じめした鯛やヒラメはいかがでしょうか。

IMG_2368img_5455

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  2. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  3. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。
  4. ズラリと並んだ神奈川県産の朝どれ鮮魚『追駈け』鮮度抜群のため・・・アジもこの...
  5. 特種課のセリ場に東京湾よりカサゴが入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー