トピックス

サクラエビの2回目の旬がやってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年2回目の旬がやってきました、サクラエビです。漁期が3月下旬から6月上旬の春漁と10月下旬から12月下旬の秋漁と年2回あります。

国内では静岡県の駿河湾だけが漁業として成り立っていますが、相模湾、東京湾でも少量ですが生息しているようです。

駿河湾は水深2500メートルと国内で最も深い湾で、富士川、安倍川、大井川など大きな河川から流れるプランクトンなどの餌が多く、サクラエビの生息環境が整っているんです。

海の宝石、海のルビーと称えられるサクラエビ、見ていてもその自然の色彩に感動を覚えます。

目にも美味しく舌にも美味しいサクラエビ、秋漁の新物はネットで調べると200グラムで1,300円ぐらいですが、市場で購入すればかなり得した気分になれるはずですよ。

明日11月19日は第三土曜日はハマの市場を楽しもう。(市場市民開放)を開催しますので、一度市場に足を運ばれてはどうですか。

市場はさまざまな企画をご用意して皆様をお待ちしております。

来場者サービスは魚河岸処で、昆布入り小籠包のスープを配布しますので、ここでガソリンを入れてカラダを温めてからマグロ解体ショーや仲卸店舗でのお買い物を楽しんで下さい。

アド街ック天国「仲木戸」効果あるかな?

img_1609 img_1657 img_1658

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー