トピックス

サザエのツノは何のためにある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時期、筆者が住む辻堂の海岸では、花火の場所取りと同じようにバーベキューの場所取りのため、前日からレジャーシートや勝手にロープを張っている人たちが大勢います。

海辺でバーベキュー、良いですね。バーベキューといえば少し強引ですがサザエですよね。

今日はサザエについてお話します。

名前の由来は「さざえ」は殻を小さい家に見立てた「ささ」(小さいの意)「え(い)」(家の意)の意味であるとされている。

漢字で「栄螺(「えいら」とも読む」は「栄(さかえ)」がサザエに音が近いことからその名が付いたとも言われています。

今日は姫サザエも入荷していますが、ヒメサザエという種がある訳でなく、小振りのものを総称してこのように呼んでいるそうで、居酒屋のお通し、懐石料理の先付けに使われるそうです。

写真を撮っていてツノが有るものと、ツノの無いものがあったので、少し調べてみました。

ツノの差は生育環境によるものだそうです。波の荒い場所ではツノがアンカーの役目をするかのように立派に突き出し、穏やかな場所ではツノが生えないそうです。

しかしツノなしサザエが波の荒い場所に移動すると、ツノが伸びてくるそうです。不思議ですね。

さて、このツノの有無と食との関係ですが、味には全く影響がないのですが、ツノの部分の重さが軽くなるため、関西人はツノなし、格好にこだわる関東人はツノ有りに人気があるそうです。

因みに瀬戸内海のサザエは殆どがツノなしサザエだそうで、関西人にとってツノなしの方がメジャーなようです。

今江ノ島に行くと入口で美味しそうな匂いでお客を誘ってますよ。サザエの旬は、産卵前の5~8月です。栄養をいっぱい蓄えている今が食べ頃です。

IMG_3559 IMG_3562 IMG_3564 IMG_3565 IMG_3566 IMG_3567

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 昨日、一昨日と寒い日が続き、桜の花も開花の時期を焦らされています。
  2. 「煮魚の王」としてテレビで紹介された魚、様々なサイズ入荷しています。
  3. 連日の追駈け入荷!!本日は「人気No1」アジが続伸。
  4. 「いやぁ~よく水揚げできたねぇ~」4月を目前に、みぞれが混じる冷たい雨と...
  5. どうしちゃったんでしょう?真冬に逆戻りしたような気候です。

アーカイブ

市場カレンダー