トピックス

サバッコを追ってワラサが・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚市漁協の日海丸より、本日も追っ駆け入荷しました。

木曜日の爆釣とはいきませんでしたが、40匹近くのワラサが入荷しました。

ワラサの口の中を見たら、居ました居ました、魚が居ました。そっと引っ張ってみると鯖の子供サバッコでした。サバの子供はよくカタクチイワシに混ざっています。

水揚げされる漁港の朝は早く、薄暗いのでシコとサバの分別は面倒なため、少量の場合は仕分けもせずに処分してしまうことがあります。勿体ないのですが、対費用効果を考えるとやむを得ないことです。

今日くらいの入荷量であれば、セリ値も適切な価格になり一安心ですが、獲れ過ぎると取引価格が崩れるので、目を覆うことがあります。

水産業は自然相手の水商売。都合よく調整が出来ないので、毎日出たとこ勝負です。

魚を出荷して頂ける荷主さん、いつもありがとうございます。これからも良い魚をお願いします。

IMG_2807 IMG_2790 IMG_2784 IMG_2792 IMG_2797

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー