トピックス

サルエビって猿海老?それとも猿蝦?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県より少し変わった名前のエビが出荷されてきました、サルエビです。

発泡の蓋を開けると・・・・・、うっ、エビらしくない色。

なぜサルエビ?

ネットには体表面が細かい毛で覆われているため、または茹でると赤味が強く出て猿の顔を連想させるために、この名が付いているそうです。

どおりで指で摘まんだ際に、エビの殻のツルツル感を全く感じなかったんです。

カラダから繊毛のようなものが生えているんですね。

サルエビは漢字で書くと猿海老、もしくは猿蝦なの?と素朴な疑問。

同じエビでも「海老」と「蝦」があるんですが、歩く型エビは「海老」泳ぐ型エビは「蝦」の字が当てられているそうです。

そう言えば、イセエビは伊勢海老ですね。

するとサルエビは、猿蝦が正しいのかもしれないですね

そして、サルエビの人気は西高東低。西日本で人気のエビで、瀬戸内海に多く棲息しているそうです。

当市場では、銚子市や旭市から出荷されたサルエビを見かけますが、東京湾内湾でも獲れるそうです。

サルエビの食べ方は、天麩羅や素揚げ、焼きエビ、単純に茹でて食べても美味しいそうです。

しかしお勧めの食べ方は、サルエビをまるごと入れた炊き込みご飯。

殻からイイ出汁がでて、とても美味しいそうです。

お手軽値段で入手できるサルエビ、是非お試し下さい。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー