トピックス

サンマ№『10』って何?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

唐突ですが、『№10』と言う今年初登場の特別な奴が当地横浜市場にお目見えです。

何のこと言ってるの?って感じですよね、今年の漁も最終コーナーに入ったサンマのことです。

まずはその姿からご覧下さい。

 

どうですか、頭の後ろ盛り上がっているの分かりますか?

10とはサンマの入数で、1箱2㌔入りの発泡箱に10尾入っています。

さすが魚目利きのプロである仲卸は、口々に「やっと本物がやって来た」と安堵した様子。

しかし次の瞬間仲卸の表情が曇り、束の間の安堵した様子から感嘆の声が・・・・・。

そうです、サンマ№10の値段です。

ここから簡単な算数の計算です。

箱の中に2㌔のサンマが入った1箱あります。

1箱の中には10尾のサンマが入っています。

1㌔あたりの値段が3,000円するとしたら、1尾の値段はいくら?

answer:2㌔×3,000円÷10=600円

ここからは想像の世界なりますが、1尾600円のサンマは小売店(スーパーや百貨店など)ではどのくらいの値段で販売されるんでしょうか?

仲卸が小声で話しているのを聞いたら、おそらく1,000円以上になるそうです。

1尾1,000円のサンマ、食べたいと思いませんか?!

追伸

今日のサイズのサンマは、本当に限られた市場にしか出荷されていない「超プレミアムサンマ」です。

今までの漁場よりも北上した、「オホーツク」にて操業し水揚げされたそうです。

まだまだ北には大物がいるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近の朝晩の寒さは、カラダに堪えます。そんな時は『鍋』がイイですよね。
  2. 個人的なイメージで、何の根拠もない話ですが、今年もアンコウ(鮟鱇)は豊漁な気がします。
  3. 今、皆さんに是非食べて欲しい魚がいるんです。それはブリ。
  4. 早朝の冷え込みが、一段と厳しくなってきた横浜市場。
  5. あ~あ、高級食材見つけた。目の毒ですね。

アーカイブ

市場カレンダー