トピックス

サンマは今や高級魚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この週末は台風18号の影響で、寒暖の差が激しい3日間でした。

我が家は、台風による暴風雨で家も車も塩まみれ。窓ガラスは、いつの間に磨りガラスになったと思うぐらい真っ白です。

今日の市場は予想通り、時化で連休明けでも魚はありません。

唯一、北海道からのサンマは大量に到着しています。しかし、明日はそのサンマも台風の影響を受けることとなるでしょう。

さて、今出荷されているサンマはどうなんでしょうか?

筆者は今年になって2度食べていますが・・・・・。

従前の魚体や脂ののりを基準に考えたら、正直勝負になりません。

筆者は食べるごとに良くなっていると思うんだけどと素直な気持ちを伝えると、特種課担当の瀧澤社員は「う~ん」と納得行かない様子です。

やっぱりプロの目は厳しいですね。

殆んどのみなさんは、「サンマは100円」「庶民の食べ物」「安い」なんて間違った認識をお持ちです。

かつてイワシがそうであったように、これからは「サンマ1尾100円」は昔話になりそうです。

市場仲卸で購入しても1尾250円くらい。そして、あるテレビではアメ横の鮮魚店にサンマが並んでいないと放送してました。

店主曰く、1尾500~600円もするサンマはアメ横では売れないからだそうです。

もしスーパーの特売で100円台の広告を見つけたら絶対に買い!客寄せパンダじゃないですが、かなり採算度返しの勝負価格ですよ。

全ては水揚げが上向き、まとまって水揚げされれば価格は下がり解決するんですが・・・・・。

こればかりは神様頼み、運を天に任かすしかないですね。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー