トピックス

サーモン好きなら、外したら大目玉ですよ。(大目鱒)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「大目」、何それ?本マスなんだと思い営業一部源波部長に聞いてみたら、サケでした。

しかもかなり特別なサケでした。

第一印象は、青い目がとてもキレイなこと。そして源波部長が言うとおり黒目がデカイ。だから大目と呼ばれるのでしょうか。

この大目(又は大目鱒)は、春から初夏にかけて三陸から東北地方で水揚げされるサケの呼び名です。

北海道では、「時鮭」や「時知不(ときしらず)」などと呼ばれ、こちらの方がネームバリューがありますね。

三陸の岩手県大船渡・山田町からの大目を見ていると、源波部長から「北海道根室からも入荷しているよ」と案内されて画像に残しました。

北海道根室の「時鮭」は内臓を取り除いたセミドレス状態、腹の中を見せてもらったら非常にキレイなオレンジ色。そして脂ノリノリです。

秋鮭と大目、時鮭は同じ種類のサケですが、秋鮭は産卵のために栄養が卵にいってしまいますが、身に脂を期待できません。

しかし、今水揚げ入荷している大目、時鮭は冬を越えてきているので、脂ののりは抜群です。

超高級サケの鮭児は少し手が届きませんが、大目・時鮭なら少し背伸びをすれば食べることが出来るかも。

好きな魚がサーモンと自負している人は、絶対外してはいけませんよ。

外したら大目くらいますよ。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日は昨日と一転して雨、そして真冬と思うくらい寒い。
  2. 100キロオバーの『大間のマグロ』が入荷!延縄漁で漁獲された「本マグロ」立派な釣針が...
  3. 昨日は市場が休み、休市日と市場関係者は呼んでいます。
  4. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  5. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...

アーカイブ

市場カレンダー