トピックス

シオゴ、もう一人前の味わいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワカシがどんどん大きくなりイナダ・ワラサに成長するように、ショッコもシオゴサイズに成長してます。

先月館山丸魚㈱秋山社員に、「ショッコどうやって食べるの?」と聞いたら、「しゃぶしゃぶ」と簡単に言われ、唖然。

そうか「鰤しゃぶ」があるくらいだから、「間八しゃぶ」があっても良いんだと納得。

成魚の間八は大きすぎ、でもショッコ・シオゴの大きさなら自分で捌けるし、自宅に持ち帰れるサイズ。

ずっ~と思い焦がれるシオゴを、先週土曜日仲卸「元清」で購入しました。

目指す料理は「しゃぶしゃぶ」。

と言っても、下処理は魚を三枚おろしにして薄く切るだけなのでお手軽。柵で購入すればゴミも出ないですね。

ショッコ・シオゴならば魚を捌くのにちょうど良い大きさで、鯵と比べるとかなりお高いですが練習台にはピッタリです。

盛り付けも何もなしで、全くシズル感なしですいません。そして、こんなに山盛りの刺身は到底食べれませんね(笑)。

意外と柵どりした際に出た端材が多かったので、「なめろう」や「刺身」に使って筆者が食べちゃいました。

しゃぶしゃぶは、肉でも魚でもお好きな食材で楽しめます。しかし、魚のしゃぶしゃぶで拘るポイントが1つ、潜らせる出汁が重要です。

魚をおろした際に出た魚のアラを使い、出汁をとりましょう。アラは生のままを使うのも、少し焼いてから出汁とりする方法を試してみて下さい。

焼いてから出汁とりすると、魚の臭みがなく、灰汁も出ないキレイな出汁が作れますよ。

肝心のショッコ・シオゴの味わいですが、上品な白身。

前回よりも味わいが高く、成魚カンパチ(間八)そのものです。

お盆時期より値段が天然・養殖共に高止まり傾向にありますが、夏の代表魚であるカンパチ是非召し上がった欲しいです。

 

追伸

今回ネットで調べてみて、面白いモノを見つけたのでご紹介します。

刺身と言ったら醤油と山葵が定番ですが、我が家はこの定番にかなり飽きているようです。そのため量が進まない。

その対策として、岩塩、オリーブ油、ドレッシングなどをかけたカルパッチョにしてみたり工夫しています。

しかし、昨日試したのは醤油:バルサミコ酢=1:1。

めちゃめちゃ簡単で、意外と美味しいので是非試して欲しいです。(子供の反応が意外と良かったです。)

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 寒鰆と呼ぶには少し早いのですが、三重県鳥羽市にある答志島よりサワラが入荷してます。
  2. 北海道から大量にブリが入荷してます。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 今日9月2日は、第一土曜日。第一土曜日と言えば、ハマの市場を楽しもう(市場市民開放)。
  5. 先週末の29・30日の両日、横浜港にある大さん橋ホールにて「大さん橋だいにんぐ」が開催されました。

アーカイブ

市場カレンダー