トピックス

シオッコは小さくても侮れない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何となくハッキリしないどんよりした天気、さすが梅雨の真っ只中。

しかし今日は週の始まりでもあり、大量のサカナたちが全国各地から出荷されてきます。

鎌倉漁協からは、久々と言った印象のサカナが登場しました「シオッコ」です。

「シオッコ=汐っ子」、ブリやヒラマサと並び、ブリ御三家と呼ばれるカンパチの幼魚の呼び名です。

最近めっきり入荷が少なくなり、仲卸の㈲八丁平藤本社長は「待ちに待ったサカナ」と、競りに向けて力が入っていました。

筆者が藤本社長に味について質問すると、平塚市漁協から入荷されたワカシ同様に、馬鹿に出来ない味わい・美味しいとのこと。

やっぱり実際に食べてみないと、味は語れないですよね。

筆者もワカシを食べる前には、どうせブリの稚魚・幼魚と正直思っていました。

しかし刺身、カルパッチョ、なめろうと食べ方を変え、食べる日にちも意識的にずらして、味わってみて認識が変わりました「美味しい」。

シオッコも同様に、非常に興味あります。

カラダは小さくても、シオッコは高級魚カンパチの子供ですから。

サカナ好きを自称する人は、絶対外せません。何といっても自分で捌いて良し、そして食べて良し。

懐もあまり痛まない価格なのでお勧めです。

相模湾の地引網でもよく獲れるので、見つけたら絶対ゲットですよ。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー