トピックス

シシャモは、オス・メスどちらがお好みですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時期初めての入荷だと思います柳葉魚(シシャモ)です。

鮎と同じサケ目キュウリウオ亜目の仲間で、匂いを嗅ぐとキュウリのようなにおいがするそうです。

今日入荷してきたシシャモは、北海道日高地方シシャモの産地で有名な鵡川の隣町「勇払郡」から出荷されたものです。

おそらく目の前にいるシシャモは、はしりのはしりトップランナーで、シシャモの旬は夏から秋にかけてやってきます。

北海道のシシャモの本格的な漁期は、1年のうちで10月から11月中旬と短い期間に限られています。

10月初旬のシシャモ漁が始まった頃のモノは、脂が多くないし、メスの卵は未成熟でそれほど多くはらんでいません。

漁期半ば頃には、適度に脂が抜けて、卵も徐々に大きくなって多くなっていきます。

シシャモの表面も色が変化し、婚姻色という赤みが濃く変化していきます。

漁期後半には、体色がさらに濃くなってオスのカラダには、所々墨のような真っ黒な模様が入るようになります。

身の脂は抜けてしまうけど、メスのお腹の卵は完熟となり、プチプチした食感と卵の旨味を楽しむことができます。

シシャモは、はち切れるほど抱卵したプチプチした独特の食感を持つ「メス」と、さっぱりした脂の旨味を楽しむ「オス」と

好みが二分されます。

オス・メスどちらが美味しいか、今秋食べ比べをしたいですね。

IMG_7779 IMG_7780 IMG_7777

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー