トピックス

シマゲタ、シマウシノシタのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロシタビラメかと思って発泡ケースを見ると、シマゲタと書いてあり、表にひっくり返すとユニークな姿を見せてくれました。

有眼側は、シマウマの縞のような横帯がカラダ中に入っています。

見た目はかなりグロテスク、知らないと釣れても捨てちゃうかもしれません。

ネットで調べると、標準和名はシマウシノシタ。

クロ、アカウシノシタに比べて肉厚で、無眼側は白くキレイなんですが、表面がザラザラしてます。

予想外に粘液が多くネバネバ、しかし新鮮魚なので魚臭さを感じませんでした。

今日のシマウマノシタは、岡山県より入荷してますが、津軽海峡、青森県から九州南岸の日本海、東シナ海、太平洋沿岸、瀬戸内海と

ほぼ全国に生息しているそうです。

興味があるのが皮の下なんですが、その場で皮を剥いでもらったら、さすがに身に縞模様はなく普通のシタビラメに変身です。

旬は春から夏、比較的安い魚なので、見かけたら是非お買い求めください。

お勧めの食べ方は、定番のムニエル、皮目に日本酒を塗りながら作る酒焼きなんてどうですか。

IMG_7278 IMG_7289 IMG_7286 IMG_7282

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー