トピックス

シンコ、コハダ捌きは芸術技。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。

折角、シンコ(新子)が初入荷して、シンコ⇒コハダ⇒コノシロと並べて載せようと思ったのですが・・・・・。

遂に思い立ってコノシロの画像を撮り、晴れて3並び完成です。

といってもシンコは本日入荷はなく、昨日の画像です。

それにしても、このサイズのシンコはどうやって捌いているのでしょうか?

コハダサイズのモノ捌いている画像は、You Tubeを検索すると数多くアップされていました。

アジ包丁みたいな小出刃で、丁寧に捌いています。

そしてついに発見!極小サイズのシンコ、予想通りカッターナイフで捌いていました。

かなり細かな作業、シッカリとした技術を備えているからこそできる「技」ですね。

こんな芸術品と出逢えるのは、残念ながら回転寿司では無理ですね。

最近は少々高めの寿司屋でも、握りセットの中にシンコは勿論、コハダも見つけることが難しくなっています。

それだけ貴重、高価な寿司ネタにシンコ、コハダはなっています。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー