トピックス

シンコ、コハダ捌きは芸術技。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。

折角、シンコ(新子)が初入荷して、シンコ⇒コハダ⇒コノシロと並べて載せようと思ったのですが・・・・・。

遂に思い立ってコノシロの画像を撮り、晴れて3並び完成です。

といってもシンコは本日入荷はなく、昨日の画像です。

それにしても、このサイズのシンコはどうやって捌いているのでしょうか?

コハダサイズのモノ捌いている画像は、You Tubeを検索すると数多くアップされていました。

アジ包丁みたいな小出刃で、丁寧に捌いています。

そしてついに発見!極小サイズのシンコ、予想通りカッターナイフで捌いていました。

かなり細かな作業、シッカリとした技術を備えているからこそできる「技」ですね。

こんな芸術品と出逢えるのは、残念ながら回転寿司では無理ですね。

最近は少々高めの寿司屋でも、握りセットの中にシンコは勿論、コハダも見つけることが難しくなっています。

それだけ貴重、高価な寿司ネタにシンコ、コハダはなっています。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー