トピックス

スイカで釣れるメジナ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、真鶴港から魚が入荷していますメジナです。今日は真鶴の他に横須賀佐島からも入荷しています。

見慣れた外見ですが、眼が非常に印象的な魚です。名前の由来にもなっている「眼が近い」という意味の「眼近魚」から転じたメジナの姿は、とてもアイくるしいですね。

このメジナは、とにかく釣り人に大人気の魚で、ネットで検索すると釣り関係のサイトに数多くヒットします。

船釣り.jpには魚種ごとの情報がバッチリ掲載されていて、初めてサイトに入りましたが、興味深い内容です。

メジナの日毎の釣果、数が釣れている地域、最近メジナのサイズが出やすい地域、そして最近メジナの数が釣れる船宿まで紹介されていました。

メジナはイソメやエビ類のほか、岩に付着している藻を食べて生きていますが、釣りの際にはオキアミやサクラエビ、ノリを使用する釣り人が多いそうですが、夏場ではスイカでも釣れることがあるそうです。

メジナは1年中を通して釣果のある魚ですが、活性が高いのは6月の梅雨の時期です。

春の産卵の後、体力をつけるためエサの荒食いをするので、連釣も狙えるかも。

磯臭いと悪いレッテルを貼られていますが、新鮮であること、獲れた場所など条件をよく理解できていれば、適切な調理方法で美味しく食べられるはずですよ。

IMG_2529 IMG_2524 IMG_2522

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー