トピックス

スズキと言われたら遺憾です、クロムツ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海の黒いダイヤと称されるクロムツが、8月分天然鮮魚のせり物品として登場。

筆者が被写体としてカメラを向けていると、聞いてイイですかと横浜市詰所の職員。

何かと思ったら、「この魚、鱸(スズキ)ですか?」だって・・・・・。

「素人」だから、「子ムツしか見たことない」などと言い訳してましたが、クロムツが少し可愛そうかな。

確かにクロムツはスズキ目の魚ですから、スズキに似てない?百歩譲っても似てるように見えないかな?

赤い魚を見たら鯛?キンメダイ?と聞くのと同じレベルかな。(因みに、マダイもスズキ目です。)

折角、魚に触れている機会が多い業務なのに、「もっと勉強しては?」と考えさせられました。

是非買って食べて欲しいですし、どんな味わいなのか意見を交わしたいですね。

何ゆえ「海の黒いダイヤ」と呼ばれるのか、どうして高級魚なのか。

「ムツ」の名前の由来が、「むつっこい」「むつい」など脂っぽいと言う意味の言葉が訛っていることも。

クロムツの旬は晩秋から冬と言われていますが、通年水揚げがあり、夏場でも産地によっては旬の時期に劣らぬ味わいを楽しめます。

筆者は夏の時期に1度購入して刺身と煮付けで食べてみましたが・・・・・、う~ん、こんな感じか?

リベンジしたいと思っていたので、近いうちに購入したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー