トピックス

ズワイガニなの?松葉ガニなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日までの極寒だったのに、今日は気持ちが悪いくらい暖かい。皆さん風邪をひかないように気をつけて下さい。

今日は久々島根県よりズワイガニ、もとい松葉ガニが入荷しています。

同じズワイガニでも獲れる場所で呼び名が様々あることは、皆さんご存知ですよね。

その代表選手が松葉ガニ(島根、鳥取、兵庫、京都)で、越前ガニ(福井、越前漁港)、加能ガニ(石川、金沢港、橋立港)、間人ガニ(京都府丹後町・間人漁港)、柴山ガニ(兵庫・柴山漁港)など、地域によってブランド化されています。

世間にはブランドかにの象徴として、タグ付きであることを強調してアピールしている節はあります。

確かにカニの足にタグを付けることで、その港で水揚げされた証明にはなりますが、味や品質を保証するものではありません。

しかし、「タグ付きのズワイガニ=ブランドがに」として、高値で取引されているのも事実です。

仲卸の一人がさらりと、「タグがなければ松葉ガニじゃなくてふつうのズワイガニだよね。」とつぶやきましたが、甲羅に松葉とか越前と書いていないので全然見分けがつかないですよね。

だって、結論は同じズワイガニですから外見の大きな差異はないんです。

味については、育った場所・環境、食べてる餌によって差異が生じるので、産地は重要視するポイントの一つだと思います。

それにしてもズワイガニは、いつまで経っても高いです。漁獲量が少ないのでしかたがないですね。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー