トピックス

セボン!! 美味しい赤シタビラメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪産のアカシタビラメが入荷していました。

今や「シタビラメ」と言えば、焼いたり煮たりするのではなく、『ムニエル』が定番。

特に開港地横浜はホテルを始め洋食文化発展の地。

特にシタビラメは西洋料理では最も人気がある魚の一つであり、その引き締まった白身は

フランス料理の基礎である、ソースとの相性は抜群であり、残った骨などのアラはスープの素へ。(日本で言うダシ)

%e7%84%a1%e9%a1%8c

仲卸曰く、シタビラメは皮を剥かずそのまま調理する人がいるが、本来は皮をむかないと極上の味は出ないと。

海外ではシタビラメをフィーレ(3枚卸し)にし、何枚か重ね、結着したものを調理するとの事。

そんな便利な商品なんて・・・あります。冷凍課へ問い合わせを。

今日の赤舌平目は1㌔1400円と、やはり高級食材。

美味しい調理画像はこちらへ。

img_3570 img_3576

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  2. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  3. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  4. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。
  5. えっ!?何が『格上げ』だって!?盛り上がってきたからね~...

アーカイブ

市場カレンダー