トピックス

セリ場でトンボ見つけました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たぶんマグロだと思うけど、かなり小振りなサイズ。

箱にはトンボと書いてあり、「トンボ 魚」で検索してみると、ビンナガマグロ、一般的にはビンチョウマグロのことでした。

毎年1月~2月頃、黒潮に乗って太平洋にやってくるトンボ、本日は東京都の八丈島から入荷しました。

成魚は全長140センチ、体重60キロに達するが、マグロとしては小型種です。多く漁獲されるのは、50~100センチほどでカツオと同じくらいの大きさです。

胸鰭が第二背鰭を超えるほど長い点で、他のマグロと区別できます。個体によっては背中側の第二小離鰭まで達するものまであり、トンボの翅に見立てられ、トンボと呼ばれています。

マグロの中でも価格が安くどちらかと言えばマイナー級です。トンボは、キハダなどと共に世界的にシーチキンやホワイトミートの名称で缶詰に利用される重要な魚です。

最近では、特に脂の乗った小型のトンボを「ビントロ」や「トロビンチョウ」と呼ぶようになり、このビントロを刺身や寿司ダネとして提供する寿司屋や、レストランが増加しているそうです。

IMG_8993 IMG_8994 IMG_8996 IMG_8998

関連記事

ピックアップ記事

  1. でっかいマダラ、今日はなぜかメスばかり入荷されています。
  2. 兵庫県淡路島、愛媛県宇和島、そして長崎県よりお馴染みのサカナが入荷してます、マアジです。
  3. フグ太郎:「お名前教えてくれるかな?」謎の魚:「・・・」フグ太郎:「どこから来たの?...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー