トピックス

セリ場でトンボ見つけました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たぶんマグロだと思うけど、かなり小振りなサイズ。

箱にはトンボと書いてあり、「トンボ 魚」で検索してみると、ビンナガマグロ、一般的にはビンチョウマグロのことでした。

毎年1月~2月頃、黒潮に乗って太平洋にやってくるトンボ、本日は東京都の八丈島から入荷しました。

成魚は全長140センチ、体重60キロに達するが、マグロとしては小型種です。多く漁獲されるのは、50~100センチほどでカツオと同じくらいの大きさです。

胸鰭が第二背鰭を超えるほど長い点で、他のマグロと区別できます。個体によっては背中側の第二小離鰭まで達するものまであり、トンボの翅に見立てられ、トンボと呼ばれています。

マグロの中でも価格が安くどちらかと言えばマイナー級です。トンボは、キハダなどと共に世界的にシーチキンやホワイトミートの名称で缶詰に利用される重要な魚です。

最近では、特に脂の乗った小型のトンボを「ビントロ」や「トロビンチョウ」と呼ぶようになり、このビントロを刺身や寿司ダネとして提供する寿司屋や、レストランが増加しているそうです。

IMG_8993 IMG_8994 IMG_8996 IMG_8998

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー