トピックス

ゼイゴが証拠、アジの仲間、モクアジ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚からの追っ駆けでも普段見慣れないアジの仲間が入荷しています。

オキアジ、相模湾ではモクアジと呼ばれています。

ここ数回連続して入荷しており、小田原魚市場のHPでも紹介されていました。

シマアジ同様に尾柄にゼイゴがついており列記としたアジの仲間です。

見た目は少しグロい感じで、場所によっては、メッキ、ドロアジ、ギンテツなどと呼ばれています。

見た目は正直悪いのですが、美味しい魚だそうです。

値段はお手頃で、シマアジ同様白身(透明感ある白身だがすぐに白濁する)旬には脂も乗り、刺身や煮付け、ソテーもいけるそうです。

シマアジ、モクアジともに体の割に頭が小さく食べられる部分が多い歩留りの良い魚です。

又、食べたい魚が増えました。

追伸

今日は、平塚市漁協の川長三晃丸から、キハダマグロが入荷しました。

IMG_3457 IMG_3455 IMG_3458 IMG_3454

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー