トピックス

タコご飯でも食べましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新生わかめやめかぶなど、地元神奈川県産のものが先週あたりから多く入荷されています。

立春を過ぎ、暦の上ではもう春なんです。

と言って特別にサカナを買わなかったので、あるもので何か作ろうと思い自宅の冷凍庫を探検。

ありましたカチンコチンに凍った脚を切られ、頭と脚の付け根の部分が残ったマダコです。

実は脚の部分はタコ焼きにしてすでに食べてしまって、残りは無残な姿で放置されていました。

何を作ろう?出来るだけ家にあるモノを使おうと考えて、「タコご飯」を作ることとしました。

・まずは解凍してタコを救出、タコの頭を食感楽しめる程度の大きさに切り分け。

・入れる具材は何でもOK、今回は鶏肉とシメジ。

・研いでおいたコメに、生姜、顆粒だし、昆布、醤油、日本酒、ミリンそして塩を加えて水は少なめにセットします。

(通常白米2合だと、炊飯釜2の目盛まで水を入れますが、具材からでる水分を考えて調整して下さい。)

・炊飯釜に具材を入れてから、炊飯器のスタートボタンを押すだけです。

仕上げに白ごまをかけたり、大葉を添えるといいかもしれません。

兎に角簡単で、あまり失敗のない料理なのでお勧めですよ。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー