トピックス

タコはオスメスどちらが美味しいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風10号のせいで、サカナの入荷量が極端に少なくなっています。ブログの素材も日増しに少なくなっています。

セリ場を見渡して題材になるモノを探していると、タコの脚だけが鮮魚課(北海)、特種相対品課に並べられていました。

今日はタコについて少し話をしてみたいと思います。

タコと言えば吸盤と8本の脚、茹でると赤く変色、そして関西人にとっては、生活の中で欠かすことができない食材です。

皆さんはタコのオスとメスの見分けかたを知っていますか?

実は意外と簡単に判別出来るんです。オスは吸盤が大きく雑に並んでいますが、メスは整然とキレイに並んでいるんです。

少しだけ専門的な観点で言うと、オスは8本の脚の内1本の先が交接器になっており、吸盤がないのが目印です。

タコのオスとメスは味が違うと言われていますが、真実ははどうなんでしょう。

一般的に言われているのが、メスは繊維が細く柔らかで食べやすいが、オスは身がしまり硬くて食べずらいとか。

美味しいのは、メスだと言われています。

しかし、当社タコ扱い名人内海社員に聞いてみると、メスは産卵時期には栄養が卵に集中し身が細くなり、産卵後は身が細り美味しくないとのこと。

タコのメスが絶対に美味しいということではないんですね。

魚、カニでもオス、メスの良い時期が違っています、意識的に食べ比べでもしない限り白黒つけれないですね。

IMG_8609 IMG_8611 IMG_8613 IMG_5940

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 小さいけれど、とても美味しそうな魚が富岡より入荷しました、メイタガレイです。
  2. 年度末の本日。朝日と共に追駈け入荷。
  3. 昨日、活けモノでとてもキレイなサカナが富岡より入荷しました。
  4. 鮮魚課北海チームの売り場に、トロ箱が置かれています。
  5. 昨日は早朝より、ある書籍の取材の一環で平塚市漁協に出向き、水揚げの状況を見学に伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー