トピックス

タテ、ヨコ?正解はヨコスジフエダイです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり当市場では見かけない魚がセリ場に並んでいます。ヨコスジフエダイです。スズキ目フエダイ科の魚で、西日本の紀伊半島、四国、九州に多く漁獲されてきます。

ネットでヨコスジフエダイを検索していると、タテフエダイなる魚も検索にヒットしてきました。筆者と同じように比較対照する人は少なくないようです。

一瞬見ると同じ魚と言う印象ですが、フエダイ科のよく似た別の魚です。それぞれの識別点は、ヨコスジフエダイは吻端から眼を通り尾柄部に至る体側が黒色縦帯に一本走っています。

タテフエダイは黄色っぽい縦帯が通っています。また大きなポイントは、ヨコスジフエダイの縦帯の体側中央部分に滲んだような黒色円斑があるのに対して、タテフエダイは斑紋がないそうです。

ヨコスジフエダイはクセのない白身で、どんな料理にも使える魚ですが、逆にこれと言った特徴もないようです。

これが関西、西の人に味わいとして合うのかもしれません、関東はシッカリした味わいを好みますので、食生活の違いで評価は大きく変わる魚です。

IMG_5038 IMG_5039 IMG_5043

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 可愛い奴がセリ場にいました。湘南の海にはお馴染みのショウサイフグとシロサバフグです。
  2. 今日は、当社が水産物卸売業故に見ることが出来る光景を紹介します。
  3. またもや、大阪湾よりボラが入荷しました。
  4. 昨日は折角の休日なのに珍しく曇天、海は時化て、俄かサーファーは海に入っても波に乗れずじまい(笑)。
  5. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。

アーカイブ

市場カレンダー