トピックス

タテ、ヨコ?正解はヨコスジフエダイです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり当市場では見かけない魚がセリ場に並んでいます。ヨコスジフエダイです。スズキ目フエダイ科の魚で、西日本の紀伊半島、四国、九州に多く漁獲されてきます。

ネットでヨコスジフエダイを検索していると、タテフエダイなる魚も検索にヒットしてきました。筆者と同じように比較対照する人は少なくないようです。

一瞬見ると同じ魚と言う印象ですが、フエダイ科のよく似た別の魚です。それぞれの識別点は、ヨコスジフエダイは吻端から眼を通り尾柄部に至る体側が黒色縦帯に一本走っています。

タテフエダイは黄色っぽい縦帯が通っています。また大きなポイントは、ヨコスジフエダイの縦帯の体側中央部分に滲んだような黒色円斑があるのに対して、タテフエダイは斑紋がないそうです。

ヨコスジフエダイはクセのない白身で、どんな料理にも使える魚ですが、逆にこれと言った特徴もないようです。

これが関西、西の人に味わいとして合うのかもしれません、関東はシッカリした味わいを好みますので、食生活の違いで評価は大きく変わる魚です。

IMG_5038 IMG_5039 IMG_5043

関連記事

ピックアップ記事

  1. 雪がチラチラ。今日の横浜中央卸売市場。冷凍セリ場に目新しい商材が入荷。
  2. 徐々に入荷量が多くなってきましたよ、クリオネ。
  3. 富山県よりとてもユニークな顔をしたサカナが入荷してきました、ウマズラハギです。
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー