トピックス

タラバガニが食べたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あ~あ、高級食材見つけた。目の毒ですね。

特種相対品課のセリ場で、ロシア産「活けタラバガニ」を見つけてしまいました。

美味しそうですね!

でもタラバガニって、どのように選んだらよいのでしょうか?

調べてみたら、タラバガニの目利きはずいぶんと奥が深いみたいです。

旬のカニが美味しいと言いますが、オホーツク海、北海道、ベーリング海峡と場所によって漁期が異なります。

よって一概に「旬」と呼べない難しさがあるんです。

もし目の前にタラバガニが居たら、まず殻が硬いのか柔らかいのか確認して下さい。

脱皮直後は殻が柔らかく身入りもイマイチ。

脱皮前・あるいは脱皮後暫く時間経過したものを選んで下さい。

 

そしてほとんどの人が確認しているポイントは、『脚』です。

タラバガニの脚を軽く摘み、指で押して、殻の跳ね返り戻り具合で身の入りを確認しています。

しかしほとんどの場合、冷凍されたタラバガニを購入することが一般的です。

触っても、カチンコチンに凍っていたらプロでも判別は出来ないでしょうね。

ではどうしたら良いのか!

答えは簡単です。

ちゃんと商品流通を理解している仲卸や、コンプライアンスを遵守しているお店で購入すること。

万が一、品質の悪い商品に当ってしまいクレームになっても、真摯に対応してくれるところで購入することをお勧めします。

活けタラバガニでしゃぶしゃぶ、焼きがに食べたら冷凍はもう食べれない!

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー