トピックス

ツムツム、紡錘鰤(ツムブリ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おさかなマイスター宮島社員より、仲卸伊勢三の店先に珍しい魚が売られているとの情報を頂き出向きました「ツムブリ」です。

ツムブリは、ブリとついているがブリの仲間ではなく、単独でツムブリ属を構成しています。

今市場に入荷しているブリが、全体的にブリブリしているのに対して、ツムブリは、顔もスッとした醤油顔(キツネ顔)です。

英語名は、海中を疾走する姿から、Rainbow runnerと呼ばれています。

ちなみにブリは、Japanese amberjack(日本にいる琥珀色のアイツ)と表すそうです。

肝心の味について、色々調べてみると、「ぱさぱさして美味しくない」「脂が無くてまずい」「小さいものは食べられない」など否定的なものが多かったです。

しかし、実際に捌かれた身を見て下さい。

脂の乗ったキレイな身肉、鮮やかな赤身肉は、まるで和牛のようです。今のこの時期、魚体もそこそこのものであれば、前評価を覆す味に遭遇できると思います。

ちなみに、ツムブリの選び方ですが、縦縞の青、黄、赤などの色が残っているもの。鰓が鮮紅色で目が澄んでいるもの、体を触って硬いもの。

写真で撮ったツムブリ、どうですか?新鮮でしょ!

IMG_6233 IMG_6237 IMG_6236 IMG_6238 IMG_6241

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー