トピックス

デカいイシモチ?いやオオニベです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セリ場を行き来する人が必ずご度見された魚を紹介します。オオニベです。

とにかくデカいのですが、普段見慣れているイシモチを連想してしまうので仕方がないですね。

オオニベもイシモチもニベ科の魚なので、どことなく似ています。

今、市場に入荷されているオオニベは、100センチ、10キロを下らない大物揃いです。

因みに釣り上げられたオオニベの日本記録は150センチ、27キロだそうです。

関東よりも関西より南の方が人気があり、高い値で取引されるそうです。特に宮崎県では馴染み深い魚で、養殖は宮崎県から始まったそうです。本日入荷しているオオグチは天然ですよ。

宮崎では「みなみすずき」と呼ばれ、スズキ同様白身で美味しい魚です。

身が少し水っぽいと言われていますが、韓国では刺身が大人気、塩焼き、ムニエルなどはふっくら仕上がるため美味だそうです。

比較的安価に手に入る魚です。是非、スーパーで見つけたら買って下さい。

特種相対課の売場に大量のクジラが入荷しました。

北村社員に聞いてみると、釧路沖で調査捕鯨されたミンククジラです。

今日入荷した部位は、一番量が取れる背中の赤肉です。

血が滴る肉肉しい感じ、肉好きには堪らない光景です。

IMG_4508 IMG_4522 IMG_4530 IMG_4523 IMG_4495 IMG_4498

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー