トピックス

トラフグにも迫る味!?天然アカメフグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本牧から天然活アカメフグが入荷していました。

アカメフグと呼んでいますが、標準名は「彼岸の時期に獲れるから」とか「食べると彼岸にいく」という意味からヒガンフグと言います。市場では「アカメ」って呼ばれています。

このアカメフグは、トラフグに匹敵するくらい味が良いとの事。しかしフグはフグ。アカメの食べられる部分は筋肉のみ。

仲卸曰く、抱卵前のこの時期は味も良いとの事。

気になる今日の相場は1㌔1000円と、天然活フグ類ではかなりお値打ちではないでしょうか。(フグ免許が無いと捌けませんのでご注意を)

また、しっかり魚を寝かせる(熟成)と味はさらに良くなるそうです。

img_3780 img_3782 img_3776 img_3787

関連記事

ピックアップ記事

  1. 雪がチラチラ。今日の横浜中央卸売市場。冷凍セリ場に目新しい商材が入荷。
  2. 徐々に入荷量が多くなってきましたよ、クリオネ。
  3. 富山県よりとてもユニークな顔をしたサカナが入荷してきました、ウマズラハギです。
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー