トピックス

トラフグにも迫る味!?天然アカメフグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本牧から天然活アカメフグが入荷していました。

アカメフグと呼んでいますが、標準名は「彼岸の時期に獲れるから」とか「食べると彼岸にいく」という意味からヒガンフグと言います。市場では「アカメ」って呼ばれています。

このアカメフグは、トラフグに匹敵するくらい味が良いとの事。しかしフグはフグ。アカメの食べられる部分は筋肉のみ。

仲卸曰く、抱卵前のこの時期は味も良いとの事。

気になる今日の相場は1㌔1000円と、天然活フグ類ではかなりお値打ちではないでしょうか。(フグ免許が無いと捌けませんのでご注意を)

また、しっかり魚を寝かせる(熟成)と味はさらに良くなるそうです。

img_3780 img_3782 img_3776 img_3787

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 可愛い奴がセリ場にいました。湘南の海にはお馴染みのショウサイフグとシロサバフグです。
  2. 今日は、当社が水産物卸売業故に見ることが出来る光景を紹介します。
  3. またもや、大阪湾よりボラが入荷しました。
  4. 昨日は折角の休日なのに珍しく曇天、海は時化て、俄かサーファーは海に入っても波に乗れずじまい(笑)。
  5. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。

アーカイブ

市場カレンダー