トピックス

トラフグにも迫る味!?天然アカメフグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本牧から天然活アカメフグが入荷していました。

アカメフグと呼んでいますが、標準名は「彼岸の時期に獲れるから」とか「食べると彼岸にいく」という意味からヒガンフグと言います。市場では「アカメ」って呼ばれています。

このアカメフグは、トラフグに匹敵するくらい味が良いとの事。しかしフグはフグ。アカメの食べられる部分は筋肉のみ。

仲卸曰く、抱卵前のこの時期は味も良いとの事。

気になる今日の相場は1㌔1000円と、天然活フグ類ではかなりお値打ちではないでしょうか。(フグ免許が無いと捌けませんのでご注意を)

また、しっかり魚を寝かせる(熟成)と味はさらに良くなるそうです。

img_3780 img_3782 img_3776 img_3787

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 朝日が眩しい早朝6時。
  2. 春らしい初物が入荷しています、サクラエビです。
  3. 今朝セリ場に行くと、真っ先に鮮魚課五十子社員から「しょらさん鰹」入荷したよと声をかけられました。
  4. 桜の開花と共に、相模湾も活発になって来た事が感じられた本日の追駈け。
  5. かなりいい魚体、そして色艶がイイ魚。

アーカイブ

市場カレンダー