トピックス

トラフグにも迫る味!?天然アカメフグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本牧から天然活アカメフグが入荷していました。

アカメフグと呼んでいますが、標準名は「彼岸の時期に獲れるから」とか「食べると彼岸にいく」という意味からヒガンフグと言います。市場では「アカメ」って呼ばれています。

このアカメフグは、トラフグに匹敵するくらい味が良いとの事。しかしフグはフグ。アカメの食べられる部分は筋肉のみ。

仲卸曰く、抱卵前のこの時期は味も良いとの事。

気になる今日の相場は1㌔1000円と、天然活フグ類ではかなりお値打ちではないでしょうか。(フグ免許が無いと捌けませんのでご注意を)

また、しっかり魚を寝かせる(熟成)と味はさらに良くなるそうです。

img_3780 img_3782 img_3776 img_3787

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー