トピックス

ドットが可愛いアズキハタ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダ中、水玉模様だらけでとても可愛い魚、アズキハタを紹介します。

今日市場に入荷しているのは、長崎県五島灘で獲れたものです。

標準和名はキジハタ、関西では「アコウ」の方が有名で、大阪などでは夏の「アコウ」の薄造りは、冬のフグに対峙する存在です。地方や市場によって呼び名は色々あり、アズキハタと呼ばれることが多いようです。

全長は最大で60センチ近くになるモノもいますが、30センチほどのものが比較的多く入荷されます。

ハタとしては小型から中型の部類、雌性先熟の性転換を行う魚で、自然環境では全長約40センチでメスからオスに転換するそうです。

外見はオレンジ色で小豆みたいな斑点が全身にあり、どんな味がするのか興味が魅かれます。純白でとてもキレイな身質、刺身で食べるのが正統派だといわれています。

生で食べて美味しい魚、シンプルに焼くだけで美味しい魚は何をしても美味しく食べられます。

因みに香港では「紅斑」(広東語ホンパーン)と呼ばれ、主に蒸し魚として食べられます。

そういえば、先日話題となったバラハタも中華料理屋で蒸し魚にされて食べられたとか(笑)

IMG_2370 IMG_2373 IMG_2372

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー